忍者ブログ

ポイントがつくから断然お得!家電買うなら楽天市場

007/ロシアより愛をこめて(映画)

 映画の007シリーズは、1962年に第1作「007/ドクター・ノオ」(初公開は「007は殺しの番号」)がつくられてから2000年までで第21作になっている。その中で第3作の「007/ゴールド・フィンガー」と並んで人気があり評価の高いのは、第2作の「007/ロシアより愛をこめて」(初公開は「007/危機一発」)である。B級スパイ・スリラー小説が、長寿シリーズ映画になったのはどうしてか。
 第一に、原作のボンド小説は、世界各地を舞台にさまざまな趣向を凝らした見せ場、残酷趣味やエロチシズムを売り物に娯楽本位の安定した水準を維持していることが、映画のシリーズ化に役立っている。さらに、映画ではの華麗なスペクタクルな場面を演出している。<br>  第二に、この映画では、列車内におけるボンドと殺し屋の死闘、ヘリコプターからの襲撃、ボートを駆使しての追撃戦など小説にない場面をも追加して、アクションにスピード感を持たせ、ストーリーのリズムに加速度をつけて、クライマックスを盛り上げている。<br>  第三に、この映画では、シニカルな見方とユーモアの要素を加味し、気の利いた科白や粋なジョーク取り入れている。また、大衆的な映画として、残酷な描写やセックスシーンに過激にならないように配慮している。政治的配慮から、敵役はソ連の特務機関ではなく、国際犯罪組織スペクターにしている。<br>  その他に、オープニングのボンドが暗殺されるショッキングなシーン、悪女ローザが掃除婦に扮してボンドを襲う滑稽な最後のシーン、ヒットした主題歌、スパイ活動の小道具など楽しい見所が多い。

拍手[1回]

PR
コメント
名前:
タイトル:
URL:
コメント:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Pass:

お探し物がありましたら、こちらからどうぞ