忍者ブログ

ポイントがつくから断然お得!家電買うなら楽天市場

笑う警官  シューヴァル、ヴァールー(新訳)

本書の新訳(訳者:柳沢由美子 2013年)が出たので読んでみた。旧訳(訳者:高見浩 1972年)は英訳本を底本にしていたが、今度の新訳はスウェーデン語から直接訳されている。旧訳は文章がこなれていて読みやすい。新訳は原作に忠実に的確に訳しているように思われる。
 新訳を読んでみて、ストーリーや主な登場人物の印象は以前と変らないと思った。しかし、文章の流れや言葉遣い、描写の細かいところで微妙に印象が違った。
 結びの部分を比べてみると、旧訳では次のようになっている。
  マルテイン・ベックは答えなかった。彼はただ受話器を手にすわっていた。そして低く笑いだした。
 これに対して新訳ではこうなる。
  マルテイン・ベックは答えなかった。受話器を持ったまま座っていた。それから低く笑いだした。
  「いいね」と言ってコルベリがポケットの中をまさぐった。「これぞまさしく笑う警官。歌の文句どおり、ほ     ら、 一クローナやるよ!」
 英訳本を用いた旧訳では、結びの二行がカットされていることが分かる。このカットで余韻の残る終わり方になっている。人生の不条理を笑う主人公の諦念を感じさせ、これはこれで味わい深いが、原作を軽視していることが気にかかる。新訳では、出だしの場面(ベックとコルベリのチェスの場面)に呼応させて、ベックとコルベリの会話の場面で締めくくりたかったに違いない。主人公ベックの諦念をユーモアで受け入れる友人コルベリの絵柄もなかなかのものである。

拍手[2回]

PR
コメント
名前:
タイトル:
URL:
コメント:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Pass:

お探し物がありましたら、こちらからどうぞ