忍者ブログ

ポイントがつくから断然お得!家電買うなら楽天市場

慟哭  貫井徳郎

 ミステリにしては変った題名(「どうこく」と読む)なので、どんな話か読んでみた。
 「彼」(あとで松本という名が分かる)が宗教にのめりこんでいく話と警視庁佐伯捜査一課長が幼女連続殺害事件に取り組む話とが交互に語られる。これらの話が一体どこでどうつながるのかと読み進んでいくと、どうやら犯人側の話と探偵側の話のようだと思えてくる。そして、最後に大きな驚きが待っている‥‥二つをつなぐ「慟哭」の意味も明らかになる。
 ミステリを読んで驚きたいと思っている読者向きにぴったりの小説である。ただし、すれっからしのミステリ・ファンは途中で仕掛けが分かってしまうかもしれない。

拍手[1回]

PR
コメント
名前:
タイトル:
URL:
コメント:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Pass:

お探し物がありましたら、こちらからどうぞ